庶務部
   牛嶋申太郎前会長に続き、石山英一現会長のもとで庶務を担当しております坂口文雄です。庶務の業務としましては、都耳鼻医会の年間予定を決め、そのスケジュールに従い準備を整え、会の運営がスムーズに運べるようにしたいと思っております。
   具体的には定例会であります(1)理事会(月1回開催)、(2)地区代表者会(毎年5月開催)、(3)地区医会長協議会(毎年10月開催)の準備を行う事、又、日耳鼻東京都地方部会学術講演会並びに医療研究会、臨床家フォーラム、都耳鼻学術講演会などの会に参加し、東京都医師会はじめ日耳鼻東京都地方部会、日本耳鼻咽喉科医会と連携をとり、会員の先生方とも情報交換することが必要であると思っております。
   庶務は5人の担当理事がおり、それぞれが役割分担し業務をこなしており、他の理事や都耳鼻事務員とも逐一連絡をとりあって会の流れがうまくいくよう努力しております。
   今後とも、会員の先生方の御意向にそえるよう努力いたしますので、何卒御指導、御協力の程よろしく御願い申し上げます。


財務部
   担当理事3人で、東京都耳鼻咽喉科医会の会計を預かっております。毎年、予算案を作成し、理事会の議を経、地区代表者会の承認を得て執行しております。
   また、毎年、決算案を作成し監査を受けた後、理事会の議を経て、地区代表者会の承認を得ております。収入の殆どは会員の先生方の会費によるもので、大切に使っております。なお、会費の納入はほぼ100%です。現在のところ、大きな問題なく運営出来ております。   


広報部
   東京都内の耳鼻咽喉科開業医向けに、年3回発刊しています。
   内容は新しい医療問題を取りあげ会員に伝え、その対応に一歩進んだ意見を会報にのせています。講演会の論文は勿論、会員同士の意見交換の場、会員同士の親睦を目的にしています。


学術・研修部
   医師は、常に良質な医療を提供する努力をする必要がある。そのためには、医療を行っているかぎりは、生涯にわたり種々の研修を続けなければならない。学術研修部は、会員が専門医として必要な知識および技術を向上させるための手助けをすることが目的であり、現在は五人の理事が中心となって担当している。主な活動は、年に12〜15回行う学術講演会であり、テーマは会員の希望に沿って決められるので、日常診療に直接役立つこと、耳鼻咽喉科医が知っておくべき他科領域の疾患、医学的なトピックスなど多岐にわたる。講演会の講師はテーマごとに適切な人選を行い、講演後には活発な質疑応答を行い理解をさらに深めるようにしている。講演会の終了後には、講師を交えた意見交換会を企画して、講演内容についてさらなる討論、会員相互の情報交換などが行われる。
   医学、医療の進歩は目覚ましいので、会員が現在に相応しいレベルの医療を行うために、必要な情報をできる限り多く提供することを心がけている。


社会保険部
   日本は世界一の長寿国であり、WHOの健康達成度の総合評価も世界一になっています。一方、日本における医療費はGDPに占める割合で見ると世界で18位となり、日本は、少ない医療費で世界一の健康を達成しているといえます。
   この効率よい医療を支えているのは、日本独自の国民皆保険制度です。ただし、医学は急速に進歩しており、それとともに医療費も増加傾向にあります。最先端の医療まですべて保険でまかなおうとすると、今の健康保険制度が崩壊していく危険もあります。そこで日本政府は医療費抑制のために現在様々な改革に取り組んでいるところです。
   日本の医療が健康保険制度に立脚している以上 一定のルールがあり、それに従って医師は患者の診療を行っているわけです。すなわち、保険診療を行う医師は保険医の登録が必要であり、さらに健康保険法、医師法、療養担当規則などいろいろな制度のワクの内で、検査や、手術、処置、薬の使い方などを工夫しながら診療をしているのです。
   東京都耳鼻咽喉科医会の保険部は、耳鼻咽喉科医が保険診療を十分に理解し、様々な規則を順守しながら医師、患者のよりよい関係を築いていく手助けになるように活動しています。具体的な活動内容は、
   @、毎年1回、定期的にレセプト(請求書)調査を行い、各保険別の患者数、通院日数、医療費などの動向を調査し、蓄積したデータをもとに適正な医療のあり方を考える。
   A、毎年のように行われる診療報酬改訂、保険制度の改革に際し、その内容を会員に周知徹底させるため、情報を会員に伝達し、必要に応じて説明会を開催する。
   B、日本および東京都医師会、日本耳鼻咽喉科学会、他科の医会などと密に連絡をとり合い、医療保険に関する各種会合に出席し、情報を会員に伝達する。
   C、会員から寄せられる保険診療に関する質問や要望に随時対応する。
保険診療に関して、医療関係以外の方々からの質問にも対応していきたいと思います。よろしくお願いします。


福祉部
   福祉部という名前ではありますが耳鼻科医会会員のための福祉であり、耳鼻科医会会員の利益になる企画を立て医業経営に必要な情報を提供する事を目的としております。したがって、行っている業務は開業医医療機関内部のものに関してのものであり、一般の方々に対する表土俵の仕事をしている訳ではありません。
   現在は二つの業務を主な役割として活動しております。その一つは耳鼻科クリニックの医療介助者を対象とした聴力検査の講習会、および医師を対象とした補聴器の講習会・実技研修会を主催しております。そしてもう一つは、先生方や従業員の方々が休業した際の所得保障保険の窓口を開いております。
   以上が東京都耳鼻咽喉科医会における福祉部の役割です。直接的に一般の皆様に関わる仕事ではありませんが、耳鼻科クリニックを維持する一部を支えております。


学校保健部
   東京都耳鼻咽喉科医会の学校保健部の仕事は、日本耳鼻咽喉科学会の学校保健委員会の事業計画に基づいて、学校健診(耳鼻咽喉科検診)を円滑に実施出来るように各会員に伝えることであります。学校健診時に音声言語検診を実施している(医会長、医会役員、学校保健委員)。
   学童及び生徒に多い病気は、アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)、耳垢、アトピー性皮膚炎、外耳道炎、外耳道湿疹、鼻炎、鼻前庭炎(鼻出血)、副鼻腔炎、滲出性中耳炎等であり、プールと関係が深いものが多い。
   又、日本耳鼻咽喉科学会東京都地方部会と共同で年2乃至3回の割合で学校保健委員会を開いて学校保健全国大会のことを報告している。
   各学校で行われる学校保健委員会には出来得る限り出席して、耳鼻咽喉科校医の専門医としての特殊性、必要性をアピールするように指導している。


医療制度部
   激変する医療行政、医療制度に絶えず注目し、処方面より多くの情報を集め、本会会員に提供して参ります。また当面の医療制度に関して、東京都各科医会協議会とも連携を取って行きます。
   さらに本年度は医療過誤・事故について調査を進め、耳鼻咽喉科医として日常診療において如何にこれを未然に防止するか、また万が一にもアクシデントに遭遇した時の対応を考察して参ります。   患者さんのために常にベストを尽くせるような医療環境を追求して行きたいと考えております。


休日診療部
1)歴史
東京都耳鼻咽喉科医会は東京都からの委託により昭和52年5月より休日診療を行っております。
2)方式
東京都の委託により東京都耳鼻咽喉科医会で行っているものと、各区の委託により地区医師会が行っているものの2本立てであります。
都耳鼻医会は各自診療所(巡回)で行う。
3)内容
年間平均の診療総日数は約72日、
診療時間は午前9時から午後5時までの8時間、
初療医療機関は6カ所、第二次医療機関は2カ所。
4)実績(平成14年度)
参加会員総数   214名
診療総件数    5470件
1日平均件数   15.2件


地域医療部
(1)聴覚言語障害委員会
聴覚・言語障害者を行政・教育・医療から社会福祉にいたる広い視野でとらえ、その対策を研究討議する。昨年に引き続き学校における聴覚・言語障害児の問題点を検討する。
(2)アレルギー委員会
1)学術部と協力して鼻アレルギーの講演会を開催する。
2)鼻アレルギー臨床に必要な調査に参加し、正しい知識の啓蒙に努める
(3)健診事業検討委員会
1)喉頭がん検診
  各地区の喉頭がん検診の成績を集計報告し、その普及に努める。
2)耳鼻咽喉科に関する生涯の健康診査(一歳六ヶ月児検診、三歳児聴覚検診、住民健診、老人健診)について地域医会とともに対策検討および情報収集を行う。
3)新生児聴覚検診の開始に伴い耳鼻咽喉科としての対策および情報収集のために小委員会を設ける。
(4)介護保険委員会
嚥下生涯のチェックリスト・ビデオを専門の先生に依頼し、作成する。
「各地区在宅医療参加登録名簿」の更新を行う。これを各地区医師会・主要医療機関や在宅介護サービス施設などに配布する。介護保険における在宅医療の実態を把握するために行ったアンケートのまとめを耳鼻咽喉科リハビリテーション医学研究会及び日耳鼻医会臨床家フォーラムで報告する。


情報処理部
   今ご覧になっているホームページを管理運営しているのが情報処理部です。情報処理部では、東京都耳鼻咽喉科医会の活動理念、活動内容などをホームページを通して、医師のみならず広く一般の方にもお伝えしていきます。
   具体的な内容としては、会長・副会長の挨拶、各部紹介、医会の構成、医会の主張、事業報告   (理事会、学術講演会など)、事業計画などを掲載しております。また、都内で休日に救急でみてもらえる耳鼻咽喉科医(休日当番医)を毎月ご案内しておりますので、いざというときにご活用ください。他にも耳鼻咽喉科の病気の話などいろいろなコンテンツがありますので、是非ご覧いただきたいと思います。
その他の活動として、インターネット上の様々な最新の医療情報、保険情報などを理事会等でご提示し、議事進行のお手伝いをしております。また、事務局のIT化に取り組んだり、執行部へのメーリングリストの導入を試みたり、IT導入によるメリットを探っております。